×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  本能寺。 法華宗本門流の寺院である。 織田信長が明智光秀に討たれた「本能寺の変」で、あまりにも有名だ。

 【 日本の歴史物語 】top

二条城(世界遺産)
金閣寺(世界遺産)
銀閣寺(世界遺産)
平等院(世界遺産)
登呂遺跡
法隆寺(世界遺産)
本能寺
国分寺
蜆塚遺跡
有岡城(伊丹城)
今城塚古墳
桶狭間古戦場
犬山城
清洲城
墨俣城(一夜城)
新発田城
豪農の館
上田城
晴明神社
気賀関所

本能寺 (京都)

「本能寺の変」で有名な本能寺

京都府京都市中京区にある、法華宗本門流の寺院です。
日蓮が定めた久遠常住具足の「南無妙法蓮華経」の曼荼羅が本尊。
信長が光秀に討たれた「本能寺の変」で、あまりにも有名です。

本能寺は現在、寺町御池にありますが、「本能寺の変」があった当時は、西洞院四条あたりにありました。

当時の本能寺は、周りに堀や土塁が築かれた城郭造りで、京都でも随一の大寺院であったそうです。
だから、信長は、京都の滞在時には本能寺を常宿にしていました。
(信長は、天皇がいるので、京都には城を築かなかったそうです)

本能寺の変後、直ちに同じ場所に寺を再興することが決まりましたが、豊臣秀吉の命令により、現在の場所への移転させられました。



本能寺探索記

商店街に入るように左に曲がると、すぐに見えてくる本能寺の山門

明智光秀の謀反により信長が自刃した場所で、あまりにも有名な本能寺を訪れてみました。
どんなに立派なお寺かと思ったのですが・・・。

地下鉄の 『京都市役所前』 で降り、地上に出ると、目の前に本能寺がデ〜ンとあると思ってました。
地図を見る限りそうなってると思いました。

ところがですよ、『本能寺』 がありません。
代わりに、『本能寺ホテル』 が、デ〜ンとありました。
「へっ? 何故にホテル??」

山門を潜ると奥の方に本堂が

そうか、隅に小さな石碑があって、『本能寺跡』 とでも刻まれてるのだろう。と思いました。 良くある事です。
しかたない、 石碑だけ写真に撮っておこう。
なんて思ったのですが・・・。

しかし、ホテル前をウロウロしても、その石碑すら無い。 どういう事??
地図を見ても 『本能寺』 ってあるんだよね。
良く良く見ると、ホテルの裏側でした。
「なんだ、なんだ。 早く言えよ!」 な〜んて独り言。
ホテルを見て右に進むと商店街の入り口があります。 

本堂の右奥にある信長公廟

商店街に入るように左に曲がると、すぐに本能寺の山門が見えます。
日常の暮らしと本能寺。 何か不釣り合いなものを感じながら山門を潜ると、奥の方に本堂が。

先に進むと、左側は立体駐車場。
右側は鉄筋コンクリートの宝物館。
周りは、ビルに取り囲まれていて、本能寺ホテルへの出入り口まである。
なんか、想像していた本能寺と違うなぁ〜。

気を取り直して、本堂の右側をさらに奥に進むと、信長公廟があり、その奥に信長の供養塔があります。
大きな供養塔ですが、すぐ裏はビルが接している。 (マンションか? これも興ざめだ!)

信長の供養塔も、すぐ後ろにビルがあると・・・

隣には、本能寺の変で亡くなった家臣の碑もあります。
『森蘭丸』 の名前もありました。

しか〜し、実際に、明智光秀の謀反により信長が自刃した本能寺は、ココではありません。
後に、秀吉の命令で移転させられていました。
本能寺自体、何度も移転しているようです。

まあ、『本能寺の変』 が無ければ、本能寺は何処の町にもあるような普通のお寺です。
普通のお寺より大きくてリッパですけど。

普通のお寺より大きくてリッパですけどね・・・

期待が大きかった分、チョット残念。
1回見たから、もう、良いかな。

僕的には、本能寺そのもよりも 『本能寺の変』 にまつわる不可解な出来事の方が興味をそそります。
どんな事か知りたい?
では、興味がある方は、続きをどうぞ。 ↓










▲▲ ページのtopへ ▲▲

本能寺の変 その不可解な謎

天正10年(1582年)6月2日に謀反を起こした明智光秀が、僅かの供回りで京都の本能寺に宿泊していた主君信長を襲い、自刃させたクーデター事件。  あまりにも有名な 『本能寺の変』 ですよね。
でもね、「なぜ?」 って事が多いんです。

そもそも、武田征伐後に、徳川家康の接待役になった明智光秀。
しかし、信長より接待役を途中で解任され、秀吉の援護を命令される。
信長に辛くあたられ恨んでいた光秀は、これを気に怒りが爆発する。
ついには、本能寺に宿泊していた信長を襲い自刃させ、
さらに、長男信忠も二条城にて自刃させた。

光秀謀反の知らせを受けた秀吉は、毛利との和平を取りまとめ、
中国大返しを行う。
そして、光秀と秀吉は山崎で戦い、光秀は敗れ逃走する。
小栗栖(京都市伏見区)まで逃れた光秀も最後は土民に討たれる。

これが、一般的に知られている本能寺の変。
信長に恨みをもった光秀の単独犯行ってのが世間の定説ですよね。




しか〜し、この本能寺の変は、不可解な事だらけ!

なぜ、光秀は謀反を起したのだろう?
なぜ、僅かの供回りで信長は本能寺にいたのだろう?
妙覚寺にいた信忠を襲わなかったのはなぜだろう?
本能寺から信長の遺体が出なかったのはなぜだろう?
なぜ、秀吉の「中国大返し」は成し得たのだろう?
など、など、謎がいっぱい。

そもそも、光秀の謀反の理由は、怨恨とは限らない。




明智光秀の子孫であり、『 本能寺の変四二七年目の真実 』 の著者、明智憲三郎さんの説は興味深いです。
明智憲三郎さんの説から、次のように推測します。

信長は、家康が邪魔になってきた
天下統一目前の信長は、三河武士の団結力とその主君の家康存在が目障りになってきたんだ。
だって、家康の家臣団って相当に強かったらしいからね。
浅井・朝倉の連合軍と戦った姉川の合戦でも、家康軍がいたから勝てたようなもんでしょ。
それに、日本最強と言われた武田軍も滅亡したし、鬼神と言われた上杉謙信も亡くなっていたしね。
織田軍より強い徳川軍は、天下統一後に目障りな存在になると信長は感じたんじゃないかなぁ〜?

だから、信長は、家康を暗殺する事にしたんだ。
家康暗殺の命令を受けたのが明智光秀。 だから、彼は家康の接待役になった。
でも、家康も隙を見せなかったんだろうね、光秀はなかなか実行できない。
家康暗殺ができない光秀にイラだった信長は、満座の中で光秀を罵倒したいり足蹴にしたりしている。

光秀は、信長への恨みを募らせたわけじゃない
「信長を恨んでた」 ってのが定説だけど、以前から無茶を言ったり、罵倒したりしている信長でしょ。
いまさら、光秀が恨みを募らせる事も無かったと思うよ。 いつもの事でしょ。
それより、今まで真義に厚く信長のために働いた家康を殺す事が忍びなかったんじゃない。
光秀が思い悩むのは、ちょうど接待役を受けた頃からだからね。
家康暗殺の命令が、彼を思い悩ませていたんじゃない?

それに、明智憲三郎さんの説によると、信長は天下統一後は、中国に攻め込むつもりでいたらしい。
日本国内は息子達や身内に任せ、自分は中国を攻め取るつもりでいたらしいんだ。
秀吉や光秀などの家臣を前線に送りこむつもりだったんだ。
それが現実のものとなると、光秀も先行きが全く見えなくなるでしょ。

ついに光秀は、家康に内通する
家康は、安土城で接待を受けた後、大阪の境を見物するように信長から言われている。
しかも、境の帰りに本能寺に立ち寄るように言われているんだ。
光秀の方は、接待役を解任され軍備を整え、本能寺に立ち寄った家康を打ち取るように命令されたらしい。
そんな事前の打ち合わせでも無けりゃ、13,000人もの明智軍ですよ。
信長の襲撃が始まるまで、誰にも気づかれずに本能寺に近づける訳がないでしょ。

しかし、思い悩んだ末に、ついに光秀は家康へ暗殺の計画を内通するんだ。
家康も薄々は分かってたと思うけど、真実を知って驚いた事だろう。
で、それぞれが本能寺に行く時間をずらして、光秀は信長を打ち取った。

家康は楽々と三河に帰っている
定説では、本能寺の変を聞いた家康は、慌てふためき命からがら三河へ帰国した事になっている。
光秀から逃れ、土民や野党に狙われる中、生涯で一番の危機とされる “伊賀越え” を行った。 とね。
でもね、先祖の出身が伊賀である家臣の服部半蔵と境の商人の茶屋四郎次郎が、甲賀の地元の土豪と交渉し、逆に守って貰っているんだよ。
200人もの忍者に守れら楽々帰って行ったらしい。

光秀は死んでいない
一方、山崎の合戦で敗れた光秀は、小栗栖まで逃れたが土民に討たれた。 って事になってる。
しかし、その後に検証された光秀の首も損傷が激しく、本当に光秀の首か分からなかったそうだ。
でも、一様これで、光秀は死んだ事になっている。

ところで、後に家康の参謀として 『南光坊天海』 なる人物が突如登場するんだ。
そして、秀吉が北条攻めを行った際には、家康陣の中にいたそうだ。

この 『南光坊天海』 一様、陸奥国に生まれたとされているが、本当のところは分かっていない。
この南光坊天海、自分の出生を弟子にも語っていないんだ。
いくら高僧だったとしても、生い立ちも分からない人物を家康が側に置くだろうか?

つまり、 明智光秀 = 南光坊天海  って事らしい。
だとしたら、南光坊天海も 「実は光秀なんだ」 って事は、弟子達にも口が裂けても言えないでしょ。

比叡山松禅院にある石灯籠には、「慶長二十年二月十七日 奉寄進 願主光秀」 の記述がある。
光秀が死んだ。 と、されてから33年後の日付なのだ。
きっと、光秀に助けられた恩を家康が感じて、自分の参謀として使ってたんじゃないの。

初対面の南光坊天海に春日局は深々と頭を下げた
他にも、家康の孫である家光の乳母のお福。 ご存じ、春日局ね。
この人は、明智光秀の重臣斎藤利三の娘だった。
謀反を起こした家臣の娘が、なぜ三代将軍家光の乳母にまでなれたんだろう?
何てったって、謀反人の家臣の娘ですよ。

でもね、南光坊天海が光秀だったら謎は解けるでしょ。
家康は、明智光秀を謀反人なんて思っちゃいない。 逆に、命の恩人と思ってるんだから。
光秀の重臣斎藤利三の娘お福を孫の乳母として重用しても不思議じゃないでしょ。

それに、春日局と南光坊天海が、初めて出会った時。
春日局は、「お久しゅうございます」 と、天海へ深々と頭を下げたそうだ。
と、言う事は初対面じゃ無かったって事でしょ。
天海の推薦で乳母になれた。 って話もあるぐらいだ。

定説を作ったのは秀吉
明智憲三郎さんによると、本能寺の変から光秀の死までの定説を作ったのは秀吉だ。
秀吉は、一連の事件を後に、『惟任退治記』 として公表している。
これは、真実の記録というより、秀吉にとって都合の良い筋書きになっているそうだ。

怨恨による光秀の単独犯行。 この方が、秀吉にとって一連の行動の正当性があるからね。
仮にですよ、家康を暗殺しようとした信長を自刃させた光秀だったら・・・。
これが真実だったら、光秀は真義に厚い男になるでしょ。
その光秀を自分が殺しちゃ都合が悪いじゃん。
真実も時の権力者によって変えられる。 って事は歴史上よくある事だしね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

明智光秀。 不思議な人です。
今までは、恨みに任せて後先も考えず主君信長を殺した謀反人。 って思ってました。
でも仮説が正しければ、家康にしてみれば命の恩人。 秀吉には、出世の糸口になった人。 なのです。

人々の日々の行動が歴史を作ってきたと思ってましたが、権力者が歴史を作る事もあります。
僕達が信じてきた歴史上の出来事は、偏った見方をしてるのかもしれません。
真実とは違う歴史を学んでいるのかも・・・・。

もっと詳しく知りたかったら、 『 本能寺の変四二七年目の真実 (明智憲三郎著)』 をご覧ください。 



本能寺へのアクセス&拝観料

銀閣寺へのアクセス&拝観料 【拝観料】
 ・無料
 (宝物館:500円)


【拝観時間】
 6:00〜17:00(宝物館のみ10:00〜16:00)


【アクセス】
 京都市バス「河原町三条」下車すぐ
 京都市営地下鉄東西線「京都市役所」下車すぐ
 (本能寺ホテル裏)

▲▲ ページのtopへ ▲▲

Copyright(c)2010 日本の歴史物語 All rights reserved.